定期演奏会
a0040371_19194462.jpg12月5日(火)

定期演奏会。
仲間の最後のオケを見届けようと、前々から楽しみにしていた。
最初に演奏したショスタコの曲は、きっと1年の頃聞いていたらその良さが理解できなかったけれど、ここ数年でかなり感性が変わったので、とてもおもしろかった。
二楽章のO先生のヴァイオリンソロがとても美しかった。
普通だったらソロの部分があったら、ここぞとばかりに音も大きく主張した演奏をしてしまう場合が多いけれど、先生は決して音を張らず、透明で繊細な絶妙なバランスの演奏を聴かせてくれた。まぁ当たり前だけど、僕がとやかく評価できるようなレベルではない。
1楽章のオケのばらつきが先生のソロで払拭され、自然と笑顔で音に入り込んで聴き入る事になった。
そのソロに続くお嬢のフルートソロがこれまた綺麗すぎた。
お嬢だとは気付かずとっても上手いプロだと僕は終わるまで感じていた。
その他トムトムのクラリネットとママのオーボエも独自の音色を響かせていて素晴らしかった。

逆にとても繊細な構成の曲だったので、小さな音の時の弦の音程のズレなど気になる点も多々あった。Y先生とO先生が少し早めに引っ張っていきたいのに、全体的に少しもったりついていってないと感じた部分があった。
ホルン、トランペットのミスが多すぎで、その度に集中力が欠かれてしまった。
ソロで上手くやれても、オケのたまに出てくる簡単な部分をミスってしまってはだめ。

2,3楽章が特に僕は好きだった。
4楽章のY先生の身体一杯に指揮して引っ張って、O先生がそれに応えてる音楽で鳥肌が立った。

休憩後に演奏したプーランクの曲も素晴らしかった。
この時期に聴く合唱は特にいい。
S先生の歌声は海の女神を感じさせ、美しすぎた。
あの何千万とするステージ上のオケの楽器群に埋もれる事なく、値段のつけられない人の声がここまで人の心を掴む事がいつも凄いと思う。
やはり人の声に勝つ楽器はないかもしれない。

アンコールのプーランクの曲は暖かく優しく素晴らしい曲だった。
和音進行が期待を裏切らない感じで、初めて聴いたけど、すぐに感覚がついていった。
去年も感じたけど、Y先生の指揮棒を持たないあの指揮がとても好き。
途中の上から横に手を広げるところでは天使にしか見えなかった。
満足した気分になった。

なによりも共に勉強してきた友達が真剣に演奏する最後のオケというのが僕を感動させてくれた。みんなを尊敬する。
良い演奏をありがとう。
[PR]
by free_ee_free | 2006-12-05 17:53
<< デジタルミュージックコンテスト 音が生まれる >>



Junya Yanagidaira
by free_ee_free
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Links
フォロー中のブログ
+ blog +
苔むしたyukki blog
まごの手
つちのおと
カテゴリ
diary
music
live
cook
photo
review
others
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧