<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
卒業式
3月25日 雨

a0040371_03246100.jpg

雨の卒業式。
雨のせいで午前の武道館の卒業式には行かないと誠とユンディが言うもんだから、誠にはユンディも行くと言い、ユンディには誠も行くと言って嘘をつき、両方共行かせる事に成功した!マサキにも、誠もユンディも行くと言っておいた。笑

a0040371_0342177.jpg
a0040371_0343448.jpg


式は予想通り退屈だった。
終わって混雑の行列の中をマサキと歩いていたら、マサキが俺に話してるつもりで、
「ここにいる人達も80年後にはみんな骨になってるんだよ」
と全く知らない人に話しかけていたのがめちゃくちゃ笑えた。

a0040371_0362720.jpg


飯田橋で昼飯を食っていたら、午後の学部の卒業式に間に合わない事に気付いて、ダッシュした。
雨と汗でぐしょぐしょになるまで頑張ったのに、遅刻した。
卒業証書を受け取り、建設中の新校舎を見学しに行った。

a0040371_0374343.jpg
a0040371_0381357.jpg
a0040371_0382854.jpg
a0040371_0401610.jpg

小ホールがもうできていて、ピアノを弾いてみろと言われて試し弾きした。


俺ウケる。変。。。声高い。笑


その後も新校舎をぶらぶらしていたら、ドラマののだめに出ていた子を発見して、僕ら怪しい男4人組で話しかけに行ったら、案の定最初めちゃ不信な表情をされたけど、凄く良い人で、一緒に写真を撮ってもらった。
ここにアップするのはまずいと思うのでアップできないのが残念。めちゃくちゃかわいかった〜〜〜!



その後立食パーテイーで食いまくって飲みまくって一通りできあがったところで、謝恩会に向かった。
謝恩会でユンディと漫才をしなくてはいけなかったので、30分くらいで考えた。
ほとんど誠が考えてくれたネタを謝恩会中も僕らの出番の直前まで裏で練習した。
漫才のツッコミで叩かれるのは気持ち良い事を知った。
漫才自体はもの凄いテンションで頑張った。
...頑張りは伝わったと思う。笑

神野先生に花を渡すところで泣いた。
とっても楽しくて温かい良い会だった。
たびの誠実な代表の言葉や巣立ちの歌やその後の「say ho~!」がとても印象に残っている。
最後の最後、一本締めで締めるという時に急に音頭を任されて、一本締めがよく分からなくて、中途半端に終わってしまった。。。
僕はいつもそう。。。大事なとこでミスる。。。

a0040371_0491860.jpg


その後残ったメンバーで飲んだ。
いつもの飲み会な感じなのに、微妙な違和感というか淋しさを感じて、切なかった。
朝になって帰り、最後ユンディとお別れしたところが一番淋しい気持ちになった。

a0040371_0521376.jpg
a0040371_0522818.jpg
a0040371_0524622.jpg
a0040371_053240.jpg
a0040371_0532199.jpg


これからは社会人。
社会に流されて、つまらなくて理不尽で妥協を覚えてしまった大人にならないように、常に若さと野望を持って頑張ります!
父ちゃん母ちゃんありがとう!
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-27 01:01
卒業演奏会
3月20日(火) 晴れ

普段朝6時に寝る僕がその時間に起きなければいけなかった。
3時間の睡眠だったが、ジョギングが効いたのか良く寝れた。
なかなか手に入らない最近お気に入りのフランスパンとバナナとヨーグルトを食べた。
寝不足、緊張、生活リズムのずれ、久々の朝の満員電車ですっかり具合が悪くなってカザルスホールに到着。
マチのリハを聴いた。僕一人があの大きなホールで聴いてるのがとても贅沢だった。
自分のリハは全然良くなかった。かなり焦った。。。
本番でみんなの演奏を聴く事ができないかもと思ったので、その後のリハも全部聴いた。
みんなほんとめちゃくちゃ良かった。全部に心から拍手を送った。
トムとそーまの演奏がめちゃくちゃかっこ良かった。僕は彼らのファンなんです。
あみちゃんの歌では鳥肌が立った。
そしてともかのピアノに恋をした。あの久々のドキドキ感はやばい。。


a0040371_0363786.jpg
リハマチ(待ち)


学校に戻り、スタジオに行って、食欲がない身体に無理矢理小さいあんパンを一個食べて、ユンディからレモンウォーターをもらって飲んだら、不思議と力が出てきて、丁寧にゆっくり曲をさらうと楽になってきて、演奏が良くなってきた。
その後グランドピアノの練習室でミキと二人で弾き合い会をした。
お互いとっても良い演奏だったと思う。
再びホールに行き、DSのマリオカートで対戦しながら時間を潰した。
たろーちゃんはほんとチョコが好きだと思った。


a0040371_0374988.jpg
トムとジェリー(にっち)


楽屋のドアがあいて、見ると、誠とユンディが立っていた。
3人でマックに行った。
偶然Donと会った。
それからネモ、マサキが合流して、かなり気持ちが落ち着いた。
でも相変わらずの食欲の無さからナゲットを1個食べただけで気持ち悪くなった。
6人で手を合わせて「オーッ!」ってやったらめちゃくちゃやる気が出てきて、最高の気持ちになった。会場に行くと、親父と母ちゃんをみつけた。
なんと社長が来てくれていたり、友達が来てくれたりでテンションはMAX!!


a0040371_0384997.jpg
カザルス


いよいよ卒業演奏会が始まった。
マチが直前になって、ハイタッチ作戦をしようよと言ったので、それは凄くいいと思ってする事にした。
マチの演奏が終わり、礼をしてるとこで僕もステージを歩き出し、帰ってくるマチとハイタッチをした。
会場のお客さん全体を見て、礼をした。
お客さんの拍手からなんだか色々なものを感じて、感情が溢れてきた。
楽しく弾いて想いを届けたい気持ちで弾き出した。
間違いなく今までで一番気合いの入った状況だったのだけど、緊張やらなんやら色々分からなくなって気持ちが空回りして練習不足というか、根本的な自分の未熟さでうんこみたいな演奏になってしまった。あんなひどい演奏をしたのは初めてだった。
音の響きを感じながらもそれを包むのではなく自ら詰め込み追い込んでいってしまうような、ぐちゃぐちゃぼろぼろだった。
ほんとにみんなに申し訳なかった。
それでもともきがブラボーと言ってくれた。優しい奴だ。
その後僕の演奏をフォローするがごとく友人達が頑張ってくれて活躍してくれて、卒業演奏会はとても良い感じで終了。


a0040371_040794.jpg
くるくるしげみ


先生や友達との話は尽きず、もっともっと話していたかったけど、おしまくってた演奏会にカンカンのバカ教授&会場の人が強制的にロビーの電気を消すもんだから、帰らざるをえなかった。
残ったメンバーで打ち上げをし、さらに残ったメンバーでテラとこに行った。
久々にたくさん話してたくさん笑った。

朝になり、めちゃくちゃ疲れてたので寝て、起きてから母ちゃんに電話した。
15年間ピアノをやめたいと思った事は一度もなく、毎日本当に楽しくピアノが弾けて、今まで最高に楽しかったし、超大満足だったと感謝の気持ちを伝えた。
もともと音大に行く事に大反対だった親が、結局僕がやりたい事を応援してくれて、親の苦労もハンパなかったからほんとにほんとにありがたかった。話しながら泣きそうになったのをめちゃくちゃ堪えた。

親だけじゃなく、僕に初めてピアノを教えてくれてピアノの楽しさを教えてくれた伊藤先生ありがとうございます。昨日はわざわざ長野から来てくださいました。
ほんとに僕の事を考えてくれて、たくさんレッスンしてくれて音楽の喜びを教えてくださいました和泉先生、憧れであり目標である神野先生、超一流の技を教えてくださいましたロト先生、ほんとにありがとうございます。

そして、
いつも支えてくれている友達ありがとう。
これからも共に頑張ろう!

たくさんの素敵な花、クローバー、入浴剤、お菓子、メッセージなどなど本当にありがとうございます。
めっちゃ嬉しいです。

終わって力が抜けてふにゃふにゃだ〜〜〜。。。


a0040371_0421027.jpg
マチとおっきな段ボールごと送られてきた花束


a0040371_0422092.jpg
みきてぃが持つとこうなる


a0040371_0423393.jpg
憧れのトムトムと


a0040371_0424832.jpg
神野ファミリー


a0040371_043342.jpg
イケメン達


a0040371_0431894.jpg
最後の写真


a0040371_043306.jpg

[PR]
by free_ee_free | 2007-03-22 00:58
卒演
明日は卒演。
今日はピアノに向かうとセンチな気分になって、色々考えながら、即興をした。
何かに追われていたり、たくさんやらなきゃ&考えなきゃいけない時こそ、力を抜いて流れにまかせると気持ち良い音が生まれる。
どんどんどんどんアイディアが深まってきて、色がついていった。
ようやく歌モノを作ろうかと考えている。ずっとマサキの歌う曲を作りたかったんだけど、できずにいた。けれど今日はそれを後ろから押されたような感じでポンッと出てきた。
50%ぐらい固まってきたところで、マサキに電話した。
完成が楽しみ。

気付くと5時で、1回明日弾く曲をさらって国分寺レッスンに行った。
慣れてきた事で重要な部分を見落としていた事にいくつも気付いた。
僕が初めてこの曲を聴いた時に感じた感覚を明日聴いていただく人達に伝えたい。
先生に聴いていただいた事でかなりホッとした。
本当にI先生には感謝しきれない。

レッスンを終えると僕が新たに挑戦する事を先生に相談し、先生のコネでその約束を取り付けた。それからもう一つ始める事の重要なアドバイスをいただいた。
これから挑戦する事がいっぱいでワクワクする。

家に帰るとゆっくり曲をさらいなおし、いつも通り11時にピアノをやめ、ジョギングに出た。
こんな日に走るのは凄く気持ち良かった。
スッキリと力が抜けた。

明日学生としての僕の15年間のピアノが終わる。

明日は今までの感謝の気持ちを込めて、精一杯自分らしさ100%で表現します。
応援ありがとうございます。


a0040371_2192588.jpg

[PR]
by free_ee_free | 2007-03-20 02:23
あぁぁぁ。。。
いい。。。

Pief
http://youtube.com/watch?v=reW2kNg6-50

Argerich & Kissin
http://www.youtube.com/watch?v=rxHSr8x4uEs
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-18 03:33
ワクワク
3月11日(日)

友達の会社のイベントに行った。
1万人の夢を集めるというもので、どんな事でも良いから夢を持とう、夢があるって素晴らしい!
というようなコンセプトだったが、実際にイベントに行くと無駄だらけでとても疑問を感じた。
人の夢を応援する会社なのに、その活動の過程を元に作った映像からは、本人達の苦労を主張しているだけの自己満足を感じた。
時にはシカトされてへこんだとか、自分のプライベートがなくなるけど頑張ったとか。。。
人の夢を応援するのが目的ではないのか?

街ゆく人から無理矢理夢を書かせ、その夢については追求していこうとしない、ただただノルマ達成秘話という感じだった。
実際会場に貼ってあった夢はかなりどうでも良いものが多く(どうでも良い夢を書く事を否定しているわけではない)、それが集まっていても何も感じなかったし、むしろ色々不安になった。夢を持っている人でも不安になるのに、夢のない人があれを見たらどんな気持ちになるんだろう。。。
むしろ夢を持つ事はそんなにも大切な事なのかと思ってしまった。
10人から夢を聞いてその夢を具体的に応援し、成功させていくとかの方がよっぽどか感動するし、1000人ぐらい集めたところで何か方向転換もしくは意味ある事を考えられたのではないかと思った。(共通する夢同士を繋ぐとか)
ゴミ拾いをした方がまだマシだ。

危険なのは、企画者達がみんなかなりの自信を持っていて、その考えをもろ主張していたところ。
そこに疑問を感じるのがおかしいというような不思議な空気が流れていた。
宗教のような、強制的な怖ささえ感じた。

あれだけの行動力ある人達と時間と金があって、何故もうちょっと工夫ができなかったのかと残念だった。
僕を誘ってくれた友だちと後で話すとその友だちも実は僕と同じような事を思っていて、安心した。
自分が意見して変えていくと言っていた。

会場を出て、なんともやるせない気持ちで友だちとぶらぶら歩いていると、ギャラリーがあったので入ってみた。
鉄、写真、絵、靴などなど階ごとに色んな団体の作品が展示されていた。
どの作品もとても素晴らしかった。
直接的なメッセージはないのに、制作者のこだわりが分かったし、本当に色々感じさせられた。
本当に良いものは語る必要はないと思った。
気持ちがリセットされた。

その後映画学科映像コースの卒業制作の作品を見に行った。
どの作品もそれぞれ手法も目的も違くておもしろかったが、バンバの作品はその中でも特に素晴らしかった。
映像のセンスが良く、個性的な世界観を持っていて、ユンディの曲とバンバの詩、それを読む声が見事に融合していて、もの凄いかけ算を成し得た作品だった。

その後は音楽学科の久々の友達と飲み会。
かなり久々の友達もいたし、とても楽しかった。
ゆりげに僕のやりたい仕事に関しての話をしたら、知り合いにそういう仕事をしてる社長がいるので、話してみてあげると言ってくれた。


a0040371_0584558.jpg
a0040371_0585321.jpg
a0040371_059339.jpg



3月13日(火)

飲みの次の日にゆりげが社長に話をしてくれて、ゆりげと面接に行った。
社長はとっても楽しくて、中身が若くて、やわらかくて、深くて、めちゃくちゃ良い人だった。
僕が実は音楽をやりたい事を隠していると、すぐに見破られた。
社長は「自分に枠を作ってるのが気にくわんなぁ〜」と言って、さらに「自分の才能を限定する必要なんてない」と言ってくださった。
芸術肌の若い子が欲しかったと言ってくれて、さらに、社長とか抜きにして対等にクリエイティブな部分の話をしたいと言ってくれた。
僕の音楽や活動に関してとても興味を持ってくれて、色々提案と応援をしてくれた。やればいいと言ってくれた。
農業についての事や他にも色々な価値観が驚く程合って、その度に嬉しそうな笑顔で握手をしてくれた。なんだか考え方がとても似ている。
社長が他に考えているプロジェクトを一緒に色々考えていきたいと言ってくれて、僕はワクワクしっぱなしだった。
最初レストランで面接をしていたのが、途中からお祝いの飲み会になった。紅茶を注文するはずがビールを飲みながら3人で盛り上がった。
こんなにおもしろくてかっこ良くて素敵な社長のためなら頑張りたいと思った。

という事で、無事仕事が決まりました。
WEBプログラマ・WEBデザイナーを主に、WEB関係の色々な事をしている会社です。
前々から興味のあったこの仕事を勉強しながらお金を稼ぎ、音楽の勉強を続けます。
やっと少し落ち着いた気分です。
この社長と出会わせてくれたゆりげに感謝。
ゆりげとも一緒に仕事をする事になった。改めてゆりげの持つ魅力がハンパない事に社長と一緒に気付いた。
僕はいずれ社長とゆりげのやりたい事を応援する事になった。
人の繋がりは本当におもしろい。


3月14日(水)

情報音楽コースのライブ。
あんなにジャンルの違う奴らが集まったコースなのに、みんな一年の時にやっていた音楽を変わらずに続けている。真面目で誠実なところも変わっていない。
良いライブだった。勉強になった。
誠とユンディはその中でも特に色々を乗り越えた厳しさのあるライブという感じで素晴らしかった。

a0040371_146291.jpg
a0040371_1461133.jpg
一年の時のユンディみつけた


打ち上げに参加させてもらい、帰ってくると小腹が空いたので、スギと焼きおにぎりを作る事にした。冷凍庫に以前ひとしからもらったレバーが入っていたので、それも調理する事にした。
あまりにも大きいので、4品作った。
醤油、砂糖をベースにした甘露煮。味噌、七味をベースにネギや油揚げを加えて煮込んだ味噌煮。オリーブオイル、にんにく、ハーブ類でイタリアン風に仕上げた香草焼き。最後にヨーグルトピーチブルーベリーソースをかけたデザート風。
最後のはまずすぎたけど、他はとても美味しかった。
でももうしばらくはレバーを食べたくない。


a0040371_1481225.jpg
a0040371_1482384.jpg
a0040371_1483216.jpg
a0040371_1484280.jpg



3月15日(木)

久々にレコ鑑にこもった。
今回の収穫はショスタコプレリュードとフーガ(ピアノ,キースジャレット)、スクリャービンピアノコンチェルト、シューマンチェロコンチェルト、ショスタコ弦四、ドビュッシーヴァイオリンソナタ、ストラヴィンスキー春の祭典、第九などなど。
スクリャービンのピアノコンチェルトは初めて聴いた。
ショパンの影響が強く出ているけど、とても良かった。特に2楽章。

マフィアサトーに和声を習う事になった。ありがとう!
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-16 02:04
だるだる
両親が兄の住む仙台に遊びに行くという事で、その前に東京駅で会う事にした。
新幹線が大好きな親父がどうしても2階建ての新幹線「はやて」に乗りたいという事で、1時間弱しか会う事ができなかった。
進路の話をゆっくりしたかったが中途半端に終わってしまった。長野で親戚が作ってる僕が大のお気に入りの銘菓「くるみやまびこ」をくれた。

東京駅に一人。
普段夕方に起きる僕だが、時刻は午前11時。
一日はこんなにも長いのか。今度から早起きをしよう。
風邪で身体がだるいし、進路の事で憂鬱で、さらに無駄に暇なので何かを見つけるという目的で歩き出した。何か得るまで帰らないと誓った。

銀座の方角に歩き、まずヤマハに寄った。
6階でCDセール中との事なので、行ってみたら、小さいスペースに客は僕だけだった。店員は2人いて、静かで、気まずかった。
これは何か買わないと出れないぞと思い、商品を見てみるが、しょぼいJ-POPSのCDばかり。。。
なぜヤマハにこんなものがあるんだ!!と怒りがこみあげてきたが、気をとりなおして、DVDのコ−ナーに行くと、韓国ドラマが95%ぐらいだった。。。
何も買わずに帰ろうと思い、ドアの方に歩いて、最後の箱をチラ見すると、目に入ってくるものがあった。
スクリャービン交響曲第4番「法悦の詩」
僕が卒演で弾くスクリャービンピアノソナタ第5番の背景にある重要なこの交響曲を僕は恥ずかしながらチェックしていなかった。
前々から聴かなくてはと思っていたが、その機会がなかった。
即買いした。
その後2階でこれまたこれからの自分に必要な重要な楽譜をみつけて即購入。
来た甲斐があった。

その後はふらふら歩きながら本屋やギャラリーを見て歩いたが、特に収穫はなく、新橋まで歩いたところで疲れて、電車で帰宅。
家で「メリーに首ったけ」を見た。笑えた。

風邪も全然治らないし、小指を火傷するし、なんだかだるだるです。

しかし、「法悦の詩」は素晴らしかった。曲も素晴らしいけど、演奏も音質もとても良く、ジャケットも凄く気に入った。

a0040371_0153119.jpg
さて問題。この建物は何の建物でしょう?
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-11 00:26
更新
ここ最近はこれからの事を考えるのに重要な濃い日々でした。
メモ的になっていて意味不明なところもたくさんありますが、たくさん日記を更新しました。
動物園に行った時のユンディの写真は必見です。
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-08 22:44
pia.mono/chro-llage(ピアモノクロラージュ)
3月7日(水)

僕が尊敬するアーティスト田中啓介さんの主宰するイベント「Kokhlova(コクローヴァ)」に出させていただいた。
普段パソコンを使ってライブをしてきた僕にとって、今回はピアノをメインに使う初めてのライブだった。

1時から学校のスタジオでユンディと合わせをした。
最初不安要素がたくさんみつかって、大きく修正した。

僕の2曲目にやる曲は田中さんのベースとの即興だったので、リハの時にどんな感じでいくかを伝え、初合わせで一発だけ合わせて作った。
凄く良い感じだった。

本番はとても緊張しながらも、楽しみながら演奏する事ができた。
やっぱり本職のピアノで表現しているのはとても納得がいくし、楽しい。
即興が多かったので、その時々に感じる事をありのままに演奏した。
1曲目の曲は以前ユンディと学校でやった事のある曲なので、少し慣れていたが、本番中PAの問題で少し焦った。
しかし、それを瞬時にお互い理解し、目で合図しながら埋めていった。
中間部での絶妙なタイミングでユンディが僕をサポートしてくれているのが最高だった。
良い出だしだった。
2曲目にやった田中さんとの曲は浮遊感のあるトラックを作ってその中で田中さんに自由に演奏してもらいたかったので、田中さんをサポートするような託すような気持ちで寄り添った。
ワクワクして楽しかった。
3曲目は僕のパソコンのみで間奏曲的に構成し、
4曲目は"Light that goes away"をピアノを使って演奏するという前々からの夢を実現した。
5曲目の"心葉"は一番不安だったけど、なんとか楽しく演奏し、その終わりから即興に繋ぎ、沢田さんが最後に登場。
準備ができたところで即転調して最後の曲に入った。
この曲だけはパソコンを一切使わないピアノとベースによる完全即興。
沢田さんの長年の経験を感じさせる哀愁漂う豊かな音に引っ張られるような初めての感覚だった。
弾いていながらもその切なさに泣きそうになった。
途中沢田さんが転調しまくりでアバンギャルドな演奏をし始めた時にはついていくのに精一杯だったけど、また優しい音に戻り、終わりをわざと決めていなかったけれど、自然と終わっていった。
今回のライブは今までで一番楽しく、一番充実していた。
お客さんや友達からもとても好評で嬉しかった。
またこういうライブをしたい。

今回イベントに誘ってくださり、僕の曲でも色っぽくかっこいいベースを演奏してくださった田中さん本当にありがとうございます。これからも追っかけをします。
ほんとに優しくて良い人なんです。
それから僕を常にサポートしてくれて、構成を一緒に考えてくれたユンディありがとう!
いつも本当に助かります。君のおかげで今があるし、次のものを考えられます。
そして本当にお忙しい中素敵なベースを演奏してくださった沢田さんありがとうございます。
あんなに素敵な演奏をしてくださるプロの方なのに、あんなに気さくに楽しく僕らと話してくださるものですから、僕も友達もみんなファンになってしまいました。笑


今回生編成による初の名義
「pia.mono/chro-llage(ピアモノクロラージュ)」
これからもこの活動を展開していきます!!

この時期にこんな大切な出会いがあった事はとても重要です。
僕の決心が固まりました。
大学生活最後のライブでしたが、何か始まった予感がしています。


余談/
しかし、変わったマスターだったなぁ。
最初「どんな音楽?」的な事を聞かれ、詳しく説明していると、「手法ではなく、何のための音楽?」と何度も聞かれ、自分が納得するものを楽しくやる音楽で、それで人それぞれ何か感じてもらえたら良いと思うのだけど、、、と、そこらへんを説明していてもあまり理解されていない感じだった。
きっと単純に人々のソウルに訴えかける感動を呼ぶ音楽だ!!的なのじゃないと音楽だと思っていないんだろうな。。。
やたら人間の聴覚に一番良いのはとか不快に思うのはとか言いながら騒音計を手にしていたけど、その前に音楽をやっている人だったら一番に気になるピアノの調律をなんとかしてほしい。
JAZZに重みを置きすぎてる人は変わってる。
でも変わった人好きです。

a0040371_2224458.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-07 00:00
楽しむ事が一番
3月6日(火)

ボブの演奏会に行った。とても楽しそうに打楽器を演奏する3人が良かった。
日本人の作曲家の曲を中心に演奏していて、その作曲家が全員会場にいたのも素晴らしい事だと思った。
やっぱり坂野さんの曲が圧倒的に良かった。
誰かから風邪を移された。。。

その後音楽業界でマネージメントを長年やってこられた方とお話をした。
地元が一緒の方なので、地元の話題で盛り上がったり、応援してくださった。
音楽業界や音楽を続ける事などなど的確なアドバイスをいただいた。
具体的にどうしていくかが見えてきた。

次の日のライブに向けての準備をもの凄い集中力で仕上げた。


a0040371_21194521.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-06 00:00
決心
3月5日(月)

僕が尊敬するアーティスト沢田穣治さんのお宅に遊びに行かせてもらった。
あるイベントで沢田さんにデモを渡したのが出会いで、沢田さんが一緒に音を作ろうと言ってくださって、お話をしに行った。
ちゃんと話すのは初めてだったけど、とっても優しくておもしろくて引き込まれた。
僕の最近の話を聞いてくださって、とっても良いアドバイスをたくさんくださった。
その話が泣きたくなる程僕の心を動かしてくださった。名言の数々だった。
そんな尊敬する沢田さんが音楽を続けた方がいいと言ってくださって、ここのところ考えていた事に決心がついた。
音楽を続ける事にした。

その後沢田さんのベースや曲を聴かせてくださってとても感動した。素晴らしい。
さらに2日後の僕のライブに「迷惑じゃなかったら出てもいい?」なんて言ってくださって、嬉しすぎた。
その後15分くらいセッションし、なんとなくの構成が決まった。
あっという間の時間だった。

また深夜ジョギングを始めた。
気持ちがスッキリするし、身体のだるさがとれて、フットワークが軽くなり、寝付きも目覚めもよく、体調がいい!!
走ってる時の孤独感で怖くなる。
不思議な感覚。
[PR]
by free_ee_free | 2007-03-05 00:00



Junya Yanagidaira
by free_ee_free
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Links
フォロー中のブログ
+ blog +
苔むしたyukki blog
まごの手
つちのおと
カテゴリ
diary
music
live
cook
photo
review
others
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧