<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ラストエーテル
a0040371_1756555.jpga0040371_1757380.jpga0040371_17571297.jpg
a0040371_17572693.jpga0040371_17574788.jpga0040371_17581861.jpg
a0040371_17582928.jpga0040371_17583788.jpga0040371_17584758.jpg
9月27日(水)

曲作り&ライブ準備でほとんど睡眠をとらず学校に行き、久々のピアノレッスン、声楽レッスン、室内楽レッスンを終え、六本木に向かう。久々のイベント。
幻 -gen-@西麻布Bullet's
イベントのメインライブでもある、ディジュリドゥ(Taketo)、フルート(kaori)、ラップトップ(Yu)で構成された音楽は深みを感じる独特の雰囲気を作っていて、とてもおもしろかった。
ディジュの土臭さがやっぱり好きだし、Taketoさんをアボリジニーに感じた。実際僕の友だちはアボリジニーだと思っていたらしい。笑
それにユンディらしさがうまく融合していてコラボのおもしろさを感じた。普段ぶつかり合う二人がいい世界を生んでいた。
かおりんのフルートも曲に確かな主張を与えていたし、衣装がバッチリ似合ってかわいかった。
初めて聴くアリー君のDJは男気溢れていてかっこ良かった!Hip Hopを改めて良いと思った。
OTOさんもベテランなのに、毎回ハングリーさと衝動的なものを感じさせるDJで感心する。
Taketoさんは相変わらずの曲がらない一途な個性を感じさせてイベントをまとめていた。さすが。
この日一番僕が感動したのはエミ君のDJだった。
聴いた事もない、僕が完全に負けだと感じてしまうピアノなどの生音を使った曲を次々とすごい展開で出してきて、エミ君のセンスの良さとエミ君らしさをとても感じた。かっこ良すぎた。
そんな後にはやりづらい僕のライブだったが、久々のライブという事で、自分の曲に浸る事ができて、気持ち良くライブができた。楽しかった。
Bullet'sは毎回新しい不思議な刺激と出会う事ができる。

9月28日(木)

作曲の授業で夏田先生に「忘影」を聴いてもらった。
転調に関する事で、音の集合体として考える事が僕の音楽性には合っているかもしれないと、12個の中の7個をどう選択していくかという、いくつかの方法を分かりやすく説明してもらえた。これからの僕の音楽に影響していくに違いない。
その後恒例の木曜飲み。
いーだくんに久々に会えた。いーだくんの恋愛論を伝授してもらった。
一般的には間違っていると思うけど、説得力があるし、僕はついていく。
いーだくんは教祖だ。

9月29日(金)

室内楽オーディション。
ネモとケンジと円陣を組んで本番に臨んだ。
本番の弾き始める前のみんなとの視線が合う瞬間と演奏が終わった瞬間にこのトリオが大好きだと必ず感じる。3年目のトリオ、最後のオーディション。
ピアノのペダルや大講堂の音の環境の難しさにとらわれ、変なとこに意識を集中しないといけなかったため、みんなの音が溶け込んでいるのを実感できず、終わってしまった。
自分が5%ぐらいしか出せなかった。でもこれが実力。
前日にある事があってかなりへこんでいた。あまり眠れずへこたれそうになっていた。そんな気持ちを頑張ってピアノに向けてみた。そういう意味でよく頑張ったと思う。笑
おしどりで打ち上げをし、所沢に帰ってくる電車で、話して、もやもやの気持ちの整理をつける事ができた。
ネモと二人でモスバーガーで反省会をした。
11時半頃になって、友達何人かに電話すると、元気のない僕を励まそうとみんながテラとこに集まってくれた。
みんなは傷に薬を塗る感じじゃなくて、とことんいじり倒して笑いにかえてくれた。
いいちこをエーテルと称し、飲みまくった。
ユンは風邪をひいていたのに即決で来てくれた。
マコトは終電がなくなったら走って行くよと言ってきてくれて、真っ先に酔っぱらって、マンションのおばちゃんやコンビニの店員さんにまで迷惑をかけてくれた。おもしろすぎ。
スガは最初に吐いて僕の代わりにトイレで号泣してた。
ヒトシは鼻から麻婆豆腐を出しながら吐いた。豆板醤が痛いと言っていた。
今日本番だったマサキも、疲れて練馬でまったりしてたのに来てくれて、僕のどうしてものリクエストのMISIAのIt's just loveを弾き語りしてくれた。彼のこの歌が僕は好きすぎる。まじで泣きそうになった。
もっちも来てくれた。すぐに溶け込んでいた。帰る時にもっちが言うまた話そうという言葉がいつも心強い。
ネモはマドンナ。みんな大好き。

朝目覚めると辛い事がたくさん頭の中で復活する。
しかし今日の目覚めは昨日の面白い事の数々で頭の中がいっぱいになっていて、辛い事が入り込む余地はなかった。
みんなありがとう。
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-30 18:09
紅葉
a0040371_3563935.jpg新曲「紅葉(もみじ)」が完成。
久々に曲を作りました。やっぱり曲作りは楽しい&難しいという事を今回再度強く感じました。
今はまた曲を作りたい時期なので、どんどん作っていきたいです。
友達が教えてくれたんですが、僕のサイトのトップに変なバナーが出るらしいのですが、僕のところからは確認できません。発見したら教えてください!

ここ数日なんともいえない鬱というか倦怠感のような感覚に襲われていました。
なにをするにもあまり喜びを感じず、変な風に疲れたり、欲もなく、あまり考えたくもなく、ただただだるくて、やばかったです。
そのせいで、一人になりたいなどと抜かし、ネモやケンジに迷惑をかけました。ごめんなさい。
多分フル回転だった夏休みを終えて、抜け殻のようになってしまい、遅めの夏バテです。
でも今日だいぶ普段の自分を取り戻せたような感じがします。

明日は久々に西麻布Bullet'sでライブをします。
新曲を中心に季節を感じさせる音をテーマにミニマルなセットでいこうと思います。
オールではないイベントなので、ぜひ軽くお酒を飲みながら話しましょう。
来てくださる方は連絡ください。詳細送ります。

明日はたくさん笑えるといいな。
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-27 03:57
触るな危険
a0040371_11274485.jpgタケトさんとアリー君の東大の院試合格を祝う会&この世に希望をなくしたユンディを励ます会があった。

数学、建築、服飾、絵画、音楽、ECOプログラマーという各分野で頑張っているみんなと、教育、環境、人間、モノを作るという事、などの話で盛り上がった。
みんなそれぞれにこだわりを持っていておもしろい。
みんな変態。

僕が一番まともだと思った。笑

(写真をもピントを合わせられない邪悪なオーラに包まれております。笑)
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-25 11:29
日々前進
a0040371_11474197.jpg教育実習で僕がいた2-3の学級目標「日々前進」
が今、
「日々前進 37+宮坂+淳哉=2-3」
と書いてあるらしい。泣


あの空気の良い長野の山に囲まれた学校で、今日は文化祭をやってるらしい。
みんなの笑顔が目に浮かぶ。みんな頑張れ!

日々前進を目標に大学生活最後になってしまう明日からの後期を頑張る!!
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-24 11:48
沖縄の風
a0040371_8335761.jpg9月21日(木)

室内楽強化練最終日。
強化練のまとめとして、おさらい会があった。
ケンジが不倫旅行中の我らがアレンスキートリオは、ネモと二人でおさらい会に出ようとしていたが、急遽桃チャンが「弾いてみたいです」と言ってくれて、ぶっつけ本番でやってみる事にした。
僕はテンポの揺れ方や、フレーズの作り方にこだわりを持っていたので、桃チャンがついてこれるか多少心配していたが、実際合わせてみると、桃チャンは僕らの演奏に合わせるだけでなく、積極的に自分の表現したい事を出してくれて、びっくりした。生き生きしているようにさえ感じたし、とてもエキサイティングな合わせで楽しかった。途中途中みんなの意識がうまく合わさって感動的な響きになったりもして、喜びを感じ、笑顔なしでは弾けない感じになった。笑
緊張から、おもいがけないミスもしてしまったが、愛するまぁ坊が絶賛してくれたので良かった。いつもまぁ坊ありがとね!

沖縄居酒屋「ゆんたく」に、もさおと塩リンと打ち上げをしに行った。
今もさおが最も聞きたくない「練習番号10」の話や、ゴキブリの話で盛り上がった。
横のおっさんが普通に話しかけてくれたり、あの空間ではすぐ人が仲良くなれる。
奥に座っていた客のおじさんが三線を片手に歌い出した。
僕が大好きな「花」という歌や、「涙そうそう」「島唄」をリクエストして歌ってもらった。
プロ級なおじさんの演奏と美味しい料理と美味しいがじゅつ酒というお酒にとても幸せな気持ちになった。あんな力の抜けた良い音楽を聴いたのは久しぶりだった。
店の外からの涼しい風が沖縄の風に感じ、相変わらず僕はその場で眠ってしまった。。。
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-23 08:34
復活。
a0040371_252768.gif長野では夜寝る時は寒くて、長袖の服を着て、毛布に布団だったのに、相変わらず東京は暑い。
久々のテラとこは改装工事も終わり、少し部屋の中が変わっていた。
少しスペースが生まれていたり、逆にスペースが埋まっていたり、ガスコンロになって火力が強くなったり、逆にお湯の勢いが小さくなっていたり。
やっとだいたいの片付けが終わって、なんとか生活リズムを取り戻せる状態になってきた。
しかし、せっかく早起きしてた生活がまた夜更かし生活に戻りつつある。
結局ここに戻るとなにもかもが戻ってしまう。

教育実習は終わったが、生徒は近況をメールで送ってくれる。
またクラスの男子が合唱を歌わなくなったとか、相変わらず美術の先生が嫌みを言うとか、スパイクを打ったとか、部活を辞めたい相談とか、それを止める奴らの相談とか、部活の成績、吹奏楽、恋愛の相談、音楽に関しての質問、一言だけ下ネタを送ってきたり、写メや、動画メッセージなんかまで送られてくる。
25人もの生徒から色んなメールが送られてきておもしろい。
みんな元気だ。
でもいつまでも絡んでいるのはあまりよくないと思うので程々にしようと思う。

長野にいる間にどうしても行きたかった白樺湖にある藤城清治影絵美術館にこっちに帰ってくる直前に行ってきた。
優しい絵が鏡や水の力を使ってうまく展示されていて良かった。
色の鮮やかさやぼかし方に心が惹かれ、藤城清治の世界観をたっぷり堪能できた。
オルゴールの音がとても似合う世界だった。
会場にはもの凄い数の「撮影禁止」が貼ってあって、少し集中力を削がれてしまったのが残念だった。
世界遺産の時計仕掛けのグランドピアノも見る事ができた。
藤城清治の美術館は一回行ってみた方がいい。オススメです。

室内楽の強化練習。
練習室でピアノを練習していると、眠くなってきて、気付くと鍵盤を枕に寝ていた。
せっかく治りかけていた首の痛みが寝違えてた事で完全復活した。

マサキにずっと勧められていたスターウォーズをこれから見ようかな。
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-21 02:14
夏の終わり。
a0040371_19251081.jpga0040371_19252368.jpga0040371_19253396.jpg
a0040371_19254855.jpga0040371_19255966.jpga0040371_19261443.jpg
a0040371_1926253.jpga0040371_1926372.jpga0040371_19265621.jpg
僕にとっての夏が終わった。

寝不足の研究授業も2時間目に無事終わると、肩の荷がおりて、いつも以上にハイテンションになった!
僕にとっての最後の授業は自分のいたクラスだった。
前回決まった合唱コンクールのクラス合唱「Song is my soul」をやった。
全然歌わなかった生徒がピアノを囲んで歌ってくれた。
終わりの時間になっても、先生もう一回、もう一回歌おうと、言ってくれた。

放課後の時間に教頭先生の指導を受け、教室に戻ると、クラスの子達みんなが待っててくれて、お別れ会を開いてくれた。
色紙をくれて、今日始めたばっかりの「Song is my soul」を歌ってくれた。
男女の関わりがほとんどなく、動きのない静かなクラスが確かに変わったのを感じた。
「もう一度君と歌いたい」という歌詞の所で、涙が出た。
男子も音がとれてない不安定な音程を存分に発揮してくれて、嬉しかった。
男子はサビのソプラノパートを追いかけるフレーズの「歌いたい」という歌詞の所だけ、自信を持って大きな声で歌うもんだから、笑いながら泣けた。
みんなで写真を撮って、僕の言葉の時にはみんなを見ると泣けてきすぎて、うまく喋れなかった。女子も何人も泣いてくれて、ずっと僕のところにいてくれた。
絶対泣かないと思ってたのに、自然と泣けてしまったのがびっくりした。

ずっと応援してたバンドも最後にどうしても聴きたいと思っていた歌を聴かせてくれて、心残りは無くなった。歌詞の一つ一つが深く深く心に入り込んできた。
本当に早く感じた3週間。最高に楽しかった。
色んな事を与えてもらい、考え、勉強になった。
たくさんの手紙や感謝や応援、みんなありがとう。
こんな良い奴らに出会えた奇跡に感謝。
本当にありがとうございました。


(学校にはたくさんの良い言葉が廊下の壁に貼ってあって、写真最後のは、その中でも一番好きだったもの。クリックして大きくしてみてください。)
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-16 19:37
別れの曲
a0040371_23513268.jpga0040371_23514734.jpga0040371_23533456.jpg
明日で終わり。
本当に早かった。
たったの3週間だったけど、こんなに濃くて色々感じた日々は初めてかもしれない。
みんなとお別れするのは淋しいけど、バシッと最後決めたい。
みんなありがと〜!
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-14 23:52
ソフト麺
a0040371_10208.jpga0040371_103355.jpga0040371_104265.jpg
廊下を歩いていると、10分だけ来て、とsが声をかけてきた。
sは僕がピアノを教えてる子で、学校をさぼりがちで、格好も派手めで、言葉遣いも荒い少し不良風な子。
でもピュアで優しくて素直でとってもいい奴。
音楽室に連れてかれると、sは居残りの宿題を僕にやれと言う。
自分でやれと言いながらも問題に目を通すと、難しい!!
本気で考えても分からない問題がたくさんあった!笑
そうしてるうちに目の前でsを含む合唱部が、歌を歌ってくれた。そういうことだったのか。
合唱部は人数が少ないけど、とってもハーモニーが綺麗で、声量もなかなかあって、なによりも歌詞が伝わってくる純粋で優しい感じがとても良かった。
kiroroの「未来へ」とゴスペラーズの曲を歌ってくれた。
「未来へ」の「その優しさを時には嫌がり、離れた母へ素直になれず」という歌詞のとこが特に良かったというか、心に残っている。
泣きそうになったのをこらえた。ありがたやありがたや。

3年のあるクラスは前回の授業の時、生徒の私語が多く、だらだらとした雰囲気のつまらない授業になってしまった。
今日は1週間ぶりのリベンジをするために、いつも以上に気合いを入れて授業にのぞんだ。
やりたい事はたくさんあったけど、時間があまりなかったので、とてもハイスピードで進めた。
驚く事にそのスピードに生徒は作戦Bで行くぞ!と意味不明な事を言いながらも、バッチリついてきてくれて、男子は10分ぐらいで、だいたい自分のパートの音をつかんでくれた。
最後に全パートで合わせる時には、いつもは男子は教室の隅で話したり、遊んでいるのに、音楽室までダッシュし、自然とピアノを囲んでくれた。また作戦Bで行くぞ!と言って、僕の伴奏に合わせて、覚えたての歌を大きな声で歌ってくれた。
僕も大声で一緒に歌った。女子も嬉しそうに、負けじと歌ってくれた。素晴らしかった。
歌い終わると、みんなからフォーという大きな歓声と拍手が起こった。
その勢いでみんなで写真をとった。その後もパーリラパーリラ言いながらみんなで盛り上がった。最高に楽しかった。祭り気分の音楽。なんて最高。
合唱コンクールまでずっと作戦Bでいくという約束をしてくれた。(最後まで意味不明。)
授業の最後に書く感想カードに今回は僕に対するメッセージを書いてくれて、みんなとっても嬉しい事を書いてくれていたんだけど、それを後で落ち着いた時に読んでると、なんとも淋しい気持ちになった。
3年生の授業はこうして最後を終えた。

放課後フットサルをやって、キーパーをした時、指は怪我したくないので、腕でボールを受け止めたら、腕がおかしくなった。
水曜はソフト麺の日。最後のソフト麺。
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-14 01:01
ambient
a0040371_394566.jpg3年生にとっての第7回進路講話。
講師は僕とマミ。
昨日慌てて書いた話のキーワードのメモを頼りにめっちゃ緊張しながらもアドリブで話した。
中学生にとってはNGワード的なものを連発しながらも、中学から今までの僕の人生の話をしながら、僕なりのアドバイスをした。
9.11の真相の話をし、僕らの目の前に出されている報道、流行、芸術に操作されないよう、しかし、疑ったり、否定するわけではなく、たくさんのモノを見て、自分なりに正しいと思うモノを選択していってほしいという事や、
どんな事も恥ずかしがらずに真剣に取り組むとかっこ良いし、どんな事でも楽しくする工夫ができるという事、そんなところをバカになれる才能という表現をして話をした。

話の最後に一昨日の夜録音した家の庭の虫の鳴き声を流しながら、それに合わせて即興のピアノを披露した。
生徒への感謝の気持ちを込めて良い緊張感の中、集中して演奏できた。
演奏に関しても講演に関しても、たくさんの生徒や先生から好評価をいただけてとても嬉しかった。
どことなく秋を感じさせる素晴らしい演奏だったと尊敬するO先生に言っていただけたのがとても心に残った。
マミの話もとてもおもしろかったし、良い感じの会になったと思う。
O先生の会の進め方やフォローが素晴らしかった。ほんとに人の気持ちをすぐに理解できるし、優しさが滲みでていて、真面目で本当に素敵な先生だと思った。
エレクトロニカも少し紹介できたし、教育実習が始まる前にやろうと思ってた事が果たせて満足。

今日出会ったカウンセラーの方は凄かった。
すぐに僕の内面を見破って、うまい表現で、僕にそれを気付かせた。
鏡のようでいて、記憶にあまり残らない透明な存在でいようとするその人に、僕は独特の怖さを感じた。不思議な人だった。何を考えてるんだろ。

放課後とっても素敵な笑顔を見た。
今日はなんだか学校全体が明るく良い雰囲気だった感じがする。

帰り際、O先生とM先生に教職を勧められた。
心が動くけど、その難しさも分かってきたし、他にまだやりたい事がある。
バカして首の筋をおかしくしてしまった。
[PR]
by free_ee_free | 2006-09-12 03:15



Junya Yanagidaira
by free_ee_free
Links
フォロー中のブログ
+ blog +
苔むしたyukki blog
まごの手
つちのおと
カテゴリ
diary
music
live
cook
photo
review
others
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧