カテゴリ:live( 57 )
渋響pH:3.0
3月25日(金)

渋響前日入り。
寒さや不便さを少し体験し、改めて東北の方々の辛さを思った。
部屋が寒くて、みんなで布団をかぶりながら、ヒーター一つをつけた。
ヒーターの前でないと、全然温かくない。
避難所にストーブが届くというニュースなどを見るが、それでも全然寒いだろうなと思った。
そして、床の寒さというのがやばい。
敷き布団を二つにしてもかなり寒い。
避難所の体育館の床はもっと寒いだろうと思う。

初めて名物のとうふラーメンを食べた。
とても美味しかった。
関さんの宿の温泉に入れていただいた。
渋に来て、涼音堂の仲間とまた一緒に温泉に入れる事に、とても幸せを感じた。

3月26日(土)

朝、東北のyukkiさんから電話をいただく。
今回yukkiさんが来れない事がとてもとても残念だったけど、声を聞けてとても嬉しかった。
yukkiさんの分まで頑張る事を誓った。
雪が凄くて、イベント開催が心配になったが、なんとか無事開催した。
mergrimこと、ミツさんと初めてお会いした。
めっちゃ面白く、良い人だった。
ライブも凄くかっこ良かった。
クラムボンのmitoさんも、とても腰が低くて、素晴らしく良い人だった。ライブもめちゃめちゃかっこ良かった。
無事一日を終え、今年もみんなでやりやで飲む。

3月27日(日)

体調を崩し、臨仙閣の温泉に浸かる。
少し楽になった。
今年も松田れい子さんの朗読のBGM演奏をさせてもらった。
大切な事にいくつか気付かせてもらえる良い朗読だった。
その後、一番嬉しい事が起きた。
なんと、Coupieのcobiさんとnaoさんが東北から車で駆けつけてくれた。
二人ともとても疲れた顔をしていた。
cobiさんは地震からまともにお風呂にすら入れず、食料も何時間も並んでやっと少し手に入るという状況の中、ガソリンの心配もあるのに、渋まで来てくれた。
みんなで感動した。

その後、金具屋のそば打ちライブに行く。
かなりカオスな状況の中、なんとか鍵盤を弾く。
その後、今年も大湯(外)で演奏をした。
今回は都合でユンディが来れないため、はるかっちとのデュオ編成。
はるかっちの曲などを演奏した。
一昨年を思い出して、懐かしかった。

cobiさんとnaoさんのdadadubiのライブを見て、その後の挨拶を聴いて、泣きそうになった。
こんなに素敵な演奏をしてくれるアーティストの音をもっともっと広げたい。
本当に無事で良かった。

臨仙閣でのライブは、みつさんにも入ってもらって、はるかっちと3人で演奏をした。
とても楽しく良いライブだった。
音の喜びを改めて感じた。
音は本当に気持ちを救ってくれる。
今回地震があってから、一時はイベントに出るのを辞退しようなどと考えたが、星さんとたくさん話し、はるかっちと相談して、出て良かったと思った。
地震後家にいる事が多く、精神が病んでしまっていたけど、すっかり良くなった。

渋の方々や、お客さんや、仲間や、みんなに感謝。
これからも良い活動をしていきたい。

帰りは、はるかっちと渋谷さんと川俣さんという不思議なメンツで一緒に帰った。
しりとりなどをして、めちゃくちゃ盛り上がって、あっという間に東京に着いた。


a0040371_401720.jpg

a0040371_401874.jpg

a0040371_401667.jpg

a0040371_401721.jpg

a0040371_401881.jpg

a0040371_401979.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2011-03-25 03:55 | live
朗読会ピエタ@安曇野
2月26日(土)

朗読会ピエタ@安曇野 "おそば ふじもり"

長野での公演にも関わらず、会場いっぱいのお客さんが来てくださって、初めて両親も観に来てくれたので、今までで一番緊張した。
今までで一番素晴らしい朗読会だった。
このような機会を与えてくれた事を幸せに感じた。

これで朗読会は終わり。
春口さんや杉本さん、関係者の方々、そしてお客様方に、心から感謝します。

楽しかったー。

a0040371_3312618.jpg

a0040371_331262.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2011-02-26 03:29 | live
朗読会ピエタ@国立、月船
2月20日(日)

朗読会ピエタ@国立、月船

一橋大学を始め、国立の風景がこの本の中には出てくるので、そんな事を考えながら、BGM演奏をした。
良い朗読会だった。

お店には健康のための面白いものが色々とあって、マスターから未知の世界を教えてもらった。

打ち上げで、初めてロシア料理のコースを食べた。
とても美味しかった。

a0040371_326187.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2011-02-20 03:24 | live
TOKYO ELECTRONICA
2月12日(土)

TOKYO ELECTRONICA Vol.2 @MADO LOUNEGE Spice

久々の東京live。
六本木ヒルズ52階、展望台のMADO LOUNEGE。
僕達は自然を意識した音作りをしているので、ある意味正反対な場所で、とても面白い。
こんなにも地から離れた場所で演奏をするのは最初で最後だと思う。
今回のテーマは「天空」
ユンがとても良いストーリーを作ってくれたので、それをモチーフに音を探る。
ARAKI Shinさんをゲストに迎え、三人で即興の演奏をした。
arakiさんとは以前から一緒に何回か演奏させてもらっていて、何度も奇跡的な音を奏でてくれた。
今回もarakiさんのおかげで、音が膨らんで、久々に演奏を心から楽しいと感じた。
凄く気持ちが良かった。

今回の音を土台にして、後日新しいアルバム(7th 虹色)のレコーディングに参加してもらう事を約束した。

風が強く、52階では、吹雪が横に降っている不思議な光景を初めて見た、良い夜だった。

a0040371_323336.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2011-02-12 03:21 | live
ピエタ@しぜんなごはん
1月23日(日)

ピエタ@しぜんなごはん

埼玉県富士見市の『しぜんなごはん』という料理教室、兼、おうちカフェでピエタ朗読会。
ご主人が設計されたという家がとても素敵な木の家だった。
広々としていて、子供達が走り回っていて、良い環境だった。

今回は近所のお母さん達が中心に集まってくださって、お客さんの半分は子供達。
ピエタは子供達にはとても難しい内容だろうと思ったが、僕も昔小さい頃、演劇などを見て、そこで真剣に演じる役者さんに意味が分からないながらも、憧れた。
子供達にはできる限りたくさんのものを見せた方がいいと思う。
春口さんの朗読には、きっと子供達の中に残ってもらえる何かがあると思った。

落ち着かない子供達が、本番はよく聞いてくれていたと思う。
きっと何か感じてもらえたんじゃないかと思った。
春口さんの朗読は、いつも以上に素敵で、本番前に新しい演出を杉本さんにしてもらったので、色々と新しい発見があって、僕もピアノを弾きながら、とても楽しかった。

公演終了後、赤ちゃんと遊ばせてもらいながら、美味しいご飯をいただいて、とても幸せな一日だった。


a0040371_333040.jpg

a0040371_333254.jpg

a0040371_333392.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2011-01-23 02:55 | live
飛び入りライブ
12月29日(水)

西麻布 bullet'sに行く。
ラッパーのmal君のライブに飛び入り参加。
即興でピアノを弾いて、mal君とシンガーのsaikoのフリースタイル。
めちゃくちゃかっこ良かったので、僕もノリノリで弾いた。
Taishinさんに何年かぶりに会えて嬉しかった。
Taishinさんの音の乗り方がかっこ良すぎる。

a0040371_3143775.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2010-12-29 03:13 | live
冬ノ朗読会
12月23日(木)

冬ノ朗読会

今年のライブ納め。
様々な方が集まり、お気に入りの本や詩を朗読する。
僕達はそれに合わせて即興でBGM演奏をした。
たくさんの良いお話に出会う事ができた。
それにより、音の発見も多かった。
analog booksの店長とその息子さんが朗読したエルフの話が泣けた。
子供の声は心に染みる。

会の始まりと終わりに弾き語りをしてくれた松島さんの声が渋くてしびれた。

最近はデジタルな情報ばかりを見てしまっているので、来年は本を手にとり、たくさん読みたいと思った。

今年も色々な人々やものと音を通じて繋がる事ができて楽しかった。
全ての方々に感謝します。
ありがとうございました。

a0040371_374221.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2010-12-23 03:04 | live
RONDADE × いろのみ
12月18日(土)

RONDADE × いろのみ
White Light/White Heat@原宿ROCKET

即興の1時間。
狭いけどとても響きの良い空間だったので、田口さんからスピーカーを4個借りて、上と下に設置し、包まれるような音空間を目指した。

第一部
明かりを落とした暗い空間。
まず僕が大きく呼吸をする。
それから会場にあった枯れ木を揺らす。
呼吸と木の音がループし、リバーブが深くなっていく。
それは波の音のようになる。
4thアルバムubusunaのジャケットでも使われた、マサキの撮ってくれた海の写真がスライドショーで展開されていく。
呼吸も木々も海と繋がっているという演出をした。
ピアノを弾き始めた。波のように、盛り上がっていき、衰退していって終わる。

第二部
明かりが少し灯り、星のようになる。
様々な音をキラキラと散りばめた。
宇宙を意識した。

第三部
明かりが最大になる。
会場にあった枯れ木をパキパキと折る。
その音がループする。
会場にあった廃材と共にisaoさんに手渡し、音を出すように促す。
この無茶ぶりな行為に僕は笑いがこみ上げてきて、思わず笑ってしまう。
しかし、さすが変態の師匠。
予想以上の発想で、廃材からリズムを組み立てる。
見るとその動きの面白さに笑ってしまう。
しかし、かっこ良い。
haruka nakamuraさんがギターで飛び入り参加し、一緒に即興を楽しんだ。
途中とても美しいフレーズを何度も追いかけ合った。


今回のライブは、同時に録音をしていて、終わってからCDに焼き、お客さんに持ち帰ってもらうという趣旨で行った。
お客さん一人一人に、RONDADE側で用意してくれた、キーワード、色、香りを選んでいただき、その偶然性に意味を持たせる。
RONDADEの佐久間さんと田仲さんとは2週間前に初めてお会いし、急に用意したイベントだったけど、色々とアイディアが広がって、ワクワクして、面白かった。
拡大して、またやりたい。

a0040371_2555292.jpg

a0040371_2555095.jpg

a0040371_2555129.jpg

a0040371_255491.jpg

a0040371_2554829.jpg

a0040371_2554916.jpg

a0040371_2554721.jpg

a0040371_255503.jpg

[PR]
by free_ee_free | 2010-12-18 02:52 | live
鳴響pH:3.0
11月27日(土)

鳴響pH:3.0

sonoriumでのライブを終え、少しだけ仮眠をとり、車で鳴子に向かう。
疲れと眠さからナチュラルハイになり、なぜかtwitterでつぶやきまくる事を決める。
助手席に座りながら、ユンディのつぶやきを投稿しまくると、面白くなってきて、ハマった。
たくさんの方から面白いというレスポンスがあった。

そんな遊びをしていると、あっという間に鳴子に着いた。

まずは鳴子の作戦本部、喫茶「たまごや」に行く。
久々に宮本さんに会って、色々な話をして盛り上がった。
僕の作ったスイーツの写真を宮本さんに見てもらった。
シンプルじゃないといかんというお叱りを受け、色々な事を教えてくれた。
そして、なんと!涼音堂チームが日本一と認めるたまごやのシュークリームのレシピを教えてもらった。
しかも細かいコツも丁寧に教えてくれて、しまいには、裏の製造現場まで見せてくれた。秘密も教えてくれた。
いろのみカフェをやる時には、宮本さんが教えてくれた、たまごやのシュークリームを出したい。

こけしセッションのリハに行く。
今回復活の二人挽きロクロをやらせてもらった。
木が削られるのが伝わってきて、気持ちが良かった。
こけし職人の岡崎さんがかっこ良すぎた。

a0040371_2235266.jpg

a0040371_2235713.jpg

a0040371_2235834.jpg

a0040371_2235634.jpg
jaiさんの装置

a0040371_22357100.jpg
jaiさんのmaxのパッチ。一番時間がかかったところは、右下のこけし画像らしい。w

a0040371_2235170.jpg
センサーでパッチのパラメータが動く。


星さんとyukkiさんと温泉神社へ行く。
星さんは水を頭から被り、yukkiさんはディジュで奉納演奏。

a0040371_2235342.jpg


姥の湯で、民謡のおじいちゃん、民男さんと民謡セッションのリハ。
民男さんがこれまたかっこいい。
いつまでも元気でいてほしい。

橋元成朋さんのラジオの公開収録のため、好日館に向かう。
僕はピアノのBGM生演奏。
30分以上小さな音で気遣いながら、弾き続ける。
良い話がたくさん聞けた。

a0040371_2235456.jpg


こけしセッション本番。

Firoさんとjaiさんが岡崎さんのこけしを削る音をサンプリングし、始まる。
その音だけで十分かっこいい。
途中森さんの舞踏が加わって、今まで出会った事のないような、凄まじいものが生まれた。
木を削る音、ノイズが爆音で、僕らの音とyukkiさんが連れてきた音が、ぶつかり合って、凄くかっこ良かった。
調性が違う二つのものが良い感じで重なるという事を前々からやってみたくて、初めてそれが成立していた。
岡崎さんと森さんがほんとかっこ良すぎる。
久々にあんなにかっこ良いものを見て、意識が飛びそうな程感動した。

飯とビールと温泉で回復。

今年も民謡セッションができて嬉しかった。

a0040371_2235278.jpg


antennasiaのライブがとてもかっこ良かった。天才系だった。
僕らはその後のライブだった。
最後なので、眠りに誘うような音を目指そうという話になり、ゆったりと演奏を進めた。
鳴子はスローな時の流れを楽しむ事ができる。
演奏の流れを理解してくれているのか、金澤さんの映像の光の増し方と、音の展開がリンクするのを感じて嬉しかった。
金澤さんとライブと映像について打ち合わせた事はないけれど、とても理解してくれていて、色々やってくれる事を、改めて感謝したい。信頼。

片付けを終え打ち上げ。
yukkiさんとcobiさんと今後一緒にやりたい計画などを話し合えて嬉しかった。
酔った勢いなのか、金澤さんが、いろのみのためならなんでもすると言ってくれたのが、とても嬉しかった。

疲れた人達が、みんなこけしと添い寝し始めて面白かった。

a0040371_223557.jpg

a0040371_2235548.jpg

a0040371_2235648.jpg



翌日の帰路でもユンディツイートのおかげで、あっという間に帰る事ができた。

一言言える事は、森さんがやばすぎるという事。

a0040371_2235333.jpg

[PR]
by free_ee_free | 2010-12-02 02:21 | live
harmonie du soir
11月26日(金)

a0040371_2152335.jpg
ironomi live - 2010.11.26「harmonie du soir」sonorium (Tokyo)]
from Kitchen. Label


ハルカさんも、藤本さんも、寺田さんも、演奏者の方々も、みんな本当に素晴らしかった。
こんな場面に自分がいる事が、とても幸せだと思った。

建物の構造と、ピアノのおかげで、響きがとても素晴らしかった。

いろのみは、リハはなかなか良い感じで進んだが、個人的には本番は様々なアクシデントに見舞われ、音に集中する事ができなかった。
それがなんだか悔しかったけど、Ricksの映像がとても素晴らしく、感化されて、気持ち良く演奏できる時もあった。
僕はまだまだ修行が必要だ。
とても良い環境だと、課題も多くみつかる。
まだまだ自分達の音楽に納得ができない。
これからだ。

この機会をくれたaspidistraflyのAprilとRicks、p*disの下村さんを始め関係者の方々、sonoriumの方々、素敵な音響を作ってくれた、田口さんと福岡さん、そして、お客さんに感謝します。


a0040371_2114317.jpg

a0040371_211444.jpg

a0040371_2114316.jpg

a0040371_211463.jpg

a0040371_2114473.jpg

[PR]
by free_ee_free | 2010-12-02 02:09 | live



Junya Yanagidaira
by free_ee_free
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Links
フォロー中のブログ
+ blog +
苔むしたyukki blog
まごの手
つちのおと
カテゴリ
diary
music
live
cook
photo
review
others
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧