カテゴリ:diary( 129 )
パッサカリア
3月5日(金)

ネモの演奏を聴きに行く。
パッサカリアはネモの奏でるとても豊かな音楽が伝わってきて、鳥肌が立った。
とても感動した。

休憩で会場の外に出ると、別のスタジオからとても良い感じの合唱が聴こえてくるので、のぞいてみた。
あまりにも素晴らしい合唱団だったので、忍び込んで聴いていた。

クラシックには圧倒的な力がある。
[PR]
by free_ee_free | 2010-04-04 03:36 | diary
アロマオイル
賞味期限の切れたペルシアン・ロイヤル・ハーブティーをたくさん見つけたので、アロマオイルを作ってみようと思った。
まず、オリーブオイルを熱し、ハーブにゆっくり熱を与えていった。
香りが立ってきたが、同時に油の焼けた嫌な匂いがして失敗。
長い事漬けておこうと思い、オリーブオイルに漬けてみたが、やはり油が空気などに触れて酸化してくるのか、嫌な匂いがしてくる。
難しい。。
もっと純粋な油を手に入れないと成功しない。

と、調べてみると、そんな簡単にはいかない事が分かった。あまかった。。。
[PR]
by free_ee_free | 2010-03-19 01:40 | diary
Haus of Piano
2月11日(木)

Haus of Pianoに行く。
arakiさんは個性があって、ほんとかっこいい。
終わった後もずっと頭の中に残る。

nakajima先生のピアノを久しぶりに聴いた。
曲が素晴らしいのはもちろんの事、僕は先生のピアノの弾き方がとても好きだ。
タッチと音が全然違う。
引き込まれた。
チェロの方もとても素敵だった。
ステージでの振る舞いもナチュラルでストイックで大人でかっこ良い。
スポーツマンみたいだった。

先生はいつも新たな感動を与えてくれる。
色々と勉強になった。


a0040371_2571757.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2010-03-17 02:59 | diary
古楽
2月7日(日)

harukaさん、toshiさん、yuyaさんと会って、小ミーティング。
東高円寺はみんなほぼ初めてだったが、harukaさんがポチポチiPhoneをいじり出して、「この先に美味い店があるらしい」と言って、我々は導かれ、とても美味しいつけ麺を食べた。
食べログとGoogle mapを使ったみたい。すげ~。
iPhoneがあれば、知らない街も、迷う事なく楽しむ事ができる。

その後、kadanではSaxを吹くうっちーさん主宰の教会の音楽イベントに行く。
神聖な場所で聴く、古楽はとても良かった。

古いものはほんと、美しい。


a0040371_253446.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2010-03-17 02:53 | diary
演奏会
1月23日(土)

自由学園にHenning Schmiedtさんの演奏を聴きに行く。
Henningさんは即興系のピアニストで、こんなにも美しいピアノを初めて生で聴いたので、とても感動した。
世の中にはこんなに素敵な人がいるんだなぁ。
偶然DJのariさんと久々にお会いし、ariさんの友人であり、僕の尊敬するアーティストのAmetsubさんと初めてお会いする事ができた。
とても良い人で、お話する事ができてとても嬉しかった。
また、ausさん、miyauchi yuriさん、ラジオゾンデの津田さん、青木さんとも久々にお会いする事ができてとても嬉しかった。
Henningさんは人柄もとっても温かくて良い人だった。
憧れのピアニストがまた一人増えた。


a0040371_2454259.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2010-03-17 02:46 | diary
視点
1月17日(日)

aokiさんの写真&トークショーに行く。
とても面白い話だった。
文章にするには難しい。
新しい視野が開けた。
視点と考え方にユーモアがあって楽しい。


a0040371_2415827.jpga0040371_2421942.jpga0040371_24227100.jpga0040371_2423347.jpga0040371_2423816.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2010-03-17 02:43 | diary
温泉
1月5日(火)

前々から行ってみたかった奥蓼科温泉郷に行く。

運が悪く雪が降っていた。
山の方はさぞ道が滑るだろうと思いながらも車を進める。
途中他に全然車が見当たらなくて、先にも雪に車の轍が無くなって、不安になる。
看板を頼りに目的の渋・辰野館を目指す。
車一台分しか通れない道になって、ツルツルツルツル滑るので、このまま道を外れて落ちたら死ぬな~と考えていると、渋御殿湯に着いてしまい、辰野館を通り過ぎた事に気付いて引き返すと、無事辰野館に着く事ができた。
日帰り温泉が1500円もするが、旅の疲れを癒す事にした。
硫黄の香りが良い感じ。
「信玄の薬湯」も、「森の温泉」もとても良い温泉だった。
しかもなんと、客がいなくて貸し切り状態だった。

一人ゆっくり温泉に浸かりながら、外の雪の積もった白樺の木を眺めた。
最高の贅沢で、幸せだった。
いつからか僕にとって温泉は、物事を考えるためのものになっている。
今年一年の目標や計画などをぼんやり考えた。

家に帰り、フルーツのタルトを作った。
シュトロイゼルを焼き、カスタードクリームを作り、フルーツを散りばめ、生クリームを乗せて、いちごのジャムをかけ、粉糖で雪を降らし、庭のミントを飾った。
親父も母ちゃんもとても喜んでくれて嬉しかった。

楽しくなったり良い気持ちになるために、音楽や料理を作りたい。


a0040371_219232.jpg

a0040371_2183350.jpg
a0040371_218479.jpg
a0040371_2193180.jpg
a0040371_2193943.jpg
a0040371_2203856.jpg
a0040371_2194891.jpg
a0040371_2195818.jpg
a0040371_2201086.jpg
a0040371_2201956.jpg
a0040371_2202421.jpg

[PR]
by free_ee_free | 2010-01-15 02:23 | diary
清里マチス
1月3日(日)

前々から行ってみたかったお菓子のお店、清里マチスに行く。

冬の良い景色を見ながら原村、富士見を越えるとあっという間に山梨県に入る。
家から山梨はとても近い。
小淵沢に少し寄って、アウトレットに行くと、とても美味しいソースやジャムなど色々な物を売っているお店があった。
どれもとても美味しくて、触発された。アイディアもゲット。

清里に向かっていると、家からは逆側から見る八ヶ岳が新鮮だった。
全然別物。

そして反対側には富士山が見えた。
凄く綺麗だった。

清里は想像通りの清々しい感じで、自然に囲まれてゆったりした中に、外国みたいなおしゃれな家が並んでいた。
凄く良い空気だと感じた。

清里マチスに着く。
店内からお菓子の良い香りが漂ってくる。
暖炉がある小さな素敵なお店だった。
窓からは木々が見えて、壁にはピカソの絵が飾ってあって、静かに僕の大好きなジョージ・ウィンストンの音楽が流れていた。
かなり僕好み。

僕は看板メニューでもある、季節のフルーツ添えミルフィーユを頼んだ。
母ちゃんは本日のケーキをオーダーすると、今日はチョコレートの温かいケーキで、今から焼くので20分かかるという。
フォンダンショコラだと確信した。
僕が店でフォンダンショコラをやった時はあらかじめ焼いておいたものを温めなおして、少し焼き直したのだけど、最初の焼くところからやってくれるというのが凄いと思った。
こういうものは待つ価値があるし、待つ事が全然苦じゃない。

ミルフィーユは、美味すぎた。
今まで食べたものの中でもダントツ。
パイは食感も味も最高。どうやってあの味を出すのかとても気になる。
フルーツも新鮮で甘酸っぱくて美味しく、中のカスタードクリームも本当に美味しい。
中村農場の「こだわりたまご」や、おそらく牛乳や生クリームなど、基本的なお菓子の材料に、とても良いものが使われていると確信した。
添えられたマンゴーソルベも美味しかった。

来た時に薄暗かった空はすっかり暗くなり、フォンダンショコラが出てきた。
20分も待つのだから失敗は許されない。
これがまた本当に美味しかった。
生地はしっとりやわらかく、外側の部分だけは焼けた香ばしさと食感が良くて、中の温かいとろけるチョコとの相性も素晴らしかった。

本当に丁寧な良い仕事をしているのが伝わってきて、感動した。
とても幸せな気持ちになった。

こんなに美味しいお菓子をどうやったら再現できるのか、帰りの車の中で母ちゃんと色々な案を出し合って盛り上がった。

料理の勉強は美味しいものを食べに行くのが一番勉強になるし、気持ちがもの凄く上がる。

家から車で1時間以上かかるけど、また必ず行きたいと思えるお気に入りのお店になった。

a0040371_214498.jpg

a0040371_272957.jpg
a0040371_273547.jpg
a0040371_274581.jpg
a0040371_275536.jpg

[PR]
by free_ee_free | 2010-01-15 02:15 | diary
百人一首
正月にこたつでぬくぬくしていると、母ちゃんが庭から、この奇跡的な枝と百人一首を持ってきた。
この和歌、凄く好き。

瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の
 われても末に 逢わむとぞ思ふ

■ 和歌の意味
川の瀬の流れが速いので、岩にせきとめられた急流が二方に分かれても、また先で一つに合わさるように、いま二人が別れても、きっと将来いっしょになろうと思う。


a0040371_221835.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2010-01-15 02:02 | diary
仕事収め
12月30日(水)

今年最後の仕事。
大掃除をして、鏡開きをして、樽酒を飲みまくった。
途中友だちが社員にキレたり、めちゃくちゃになって面白かった。
感情は抑えずに爆発させたらいい。みんな思っている事を、みんなを代表してぶち壊してくれたのが嬉しかった。
キレたら負けとか、社会人とか、大人とかのキーワードで彼を否定する人もいたけど、僕は彼にとても共感した。彼が一番情熱があって、周りの事を考えているので、一番正しいと思った。間違ってない。
僕も溜まっていたものを吐き出して、その社員に食ってかかった。
腹を割って色々と話せて良かった。
最後に、
「30になったら分かる事もある。自分の言った事に責任を持て。楽しみにしてるぞ。ファッファッファ。」と言われた。


そして今日でずっとお世話になったシェフがこの店を去る事になった。
僕が入った時からド素人の僕に一から教えてくれて育ててくれて、感謝のしようがない。
人生で最も尊敬する人の一人だ。
シェフの料理の作り方はかっこ良く、驚きがたくさんあって、何度も感動した。
シェフはやめる前に自分の作っていたダシや、ソースなどの作り方を引き継いでくれた。
自分が何年もかけてきたものを惜しげもなく教えてくれるシェフは凄い。
きっとこれからも自分はどんどん新しいものを作っていくという自信があるからできる事なんだと思う。
心が広くて優しい人だった。

シェフの作っていたものの中で、僕がずっと一番盗みたいと思っていたのは、キーマカレーで、数日前にシェフに教えてくださいとお願いすると、快く教えてくれた。
何年も作っていて全て頭の中に入っているという、カレーのルセットをすらすら紙に書いてくれて、渡された時には、すぐにコピーをとりにいった。
シェフに横で見ていてもらいながら、二日間かけて作った。
店の仕込みの中で大変なものの3本の指に入るというだけあって、とても大変。
香辛料を炒めている時には手に豆ができそうになったし、凄く汗をかいた。
なんとか完成して、シェフに味見をしてもらうと、親指を立てて、「OK」と言ってくれた。
僕はこんな美味いカレーを食べた事がない。料理を作っていて一番感動した。


最近は休みにカフェなどに行ってメニュー名をメモっておいて、同じ料理名で自分で工夫してまかないで作ってみるのが楽しみ。
自信の持てる創作料理のレパートリーが確実に増えてきた。
トマトソースもクリームソースもシェフのOKが出るようになった。

2年前の包丁の握り方も知らなかった自分を考えると、本当にここまで育ててくれた事に感謝したい。
いつかまたシェフの料理を食べれる事を楽しみにして、また自分の料理も食べてもらいたいと夢見ながら、来年も頑張りたい。

最後のまかないは、特別気持ちを込めて、カレーを作った。


a0040371_22453482.jpg
[PR]
by free_ee_free | 2009-12-31 22:47 | diary



Junya Yanagidaira
by free_ee_free
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Links
フォロー中のブログ
+ blog +
苔むしたyukki blog
まごの手
つちのおと
カテゴリ
diary
music
live
cook
photo
review
others
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧