閃光(せんこう)
仕事でパン作りを始めた。
先日シェフ特製のレーズンバターを伝授してもらい、それが美味しすぎて、このレーズンバターに合うパンを作りたいと思ったのがきっかけ。

パンを作るのは初めて。
初めてで何を作るのか考えた末に、ハイジの白パンを焼く事に決めた。
実家で母ちゃんがよく作ってくれたパン。

本の作り方を頼りに、進めていく。
発酵によってぷっくり膨らんだ白パンの仲間達が増えていきとても楽しい。
真ん中を割って、上新粉を振って、オーブンで焼く。
あっという間に焼けてしまうので、焼き色を付けないように注意する。
オーブンに入っている間は色々と想像が膨らむ。
心配になり、5分おきくらいにオーブンの中を確かめる。

数十分後、オーブンを開けるとパンの焼ける良い香りと共に、白パンが現れた。
その姿に感動した。
早速食べてみる。
うまい。。

少し甘みがあるふわふわの白パンはレーズンバターとも見た目も味も相性バッチリだった。
シェフが「面白い事やってるな〜」と喜んでくれた。

すっかりパン作りに目覚め、次に食パンを焼く事にした。
室温、粉の温度、水温の調節が大切。
本の公式を頼りに合わせていく。
十分に発酵させる。
分量を間違えたのか、随分小さくなってしまったが、なんとか焼けた。
日頃何気なく食べる食パンを自ら焼くと、なんともいえない感動があった。
食パンは冷めたてが美味しいのだそう。
じっくり味を噛み締めた。手作りは格別な味だった。

白パンも食パンもお客さんに出す事を許された。
ホールのスタッフが噂を聞きつけ食べたいと言ってきたので、焼いてあげた。
みんなとても美味しいと言ってくれた。一人一人が美味しいと言ってきてくれた。
料理でこんなに喜んでもらったのは初めて。
今お店では業者からパンをとっているのだけど、一人の社員の人が、この自家製パンを使いたいと提案してきて、色々ワクワクしていた様子だった。
パンを手作りで出すのは、時間的に色々と厳しいので、実現するのは難しいけれど、気まぐれで始めた事が色々と広がっていって楽しかった。

その後も食パンを焼くが、続けて何度も失敗した。
完成を想定しての仕込みが難しい。
焼きが特に難しく、普通の料理は中まで火が通っているか、鉄櫛を刺してみて、その温度で中まで火が通っているか分かるが、パンの場合例え中が温かくても、水分がとんでいるとは限らないので、油断して取り出すと、まだ生地が湿っていて駄目が場合がある。
触ったり、押したりした感触や、重みや勘を働かせて、パンの状態を理解しないといけない。
イライラしていたら絶対に完成しない。
楽しくやらないと美味しいパンは焼けないと思った。

パンは奥が深そうだ。とても興味がある。
森のパン屋を開くためには修行が必要だ。


最近の頑張りが社長から評価された。
報酬が増える事は単純に嬉しいしやる気も上がる。
責任感も増えるし、さらに勉強しなければならないと思う。
ありがたやありがたや。

ネットや本でたくさん情報を収集し、様々な知識と新しい事を取り入れるようになった。
一番年下で唯一のバイトの自分が一番探究心と新たな取り組みがあるという事は問題だ。
もっともっと周りが焦りを与えてくれないと困る。
チャレンジ精神は誰にも負けない。

矛盾するようだが、片足を突っ込む程度にするという事は大切なのではないかと思う。
ひとすじになると視界が狭くなる事があるが、遠くから見れば、様々なものが見え、取り入れる事ができる。

以前新メニューの試作の時に意見をする時に僕がいつものように抽象的な表現をした時に、
「抽象的な意見はいらないから、絵画じゃないからね。」
と言われたのが悲しかった。
料理は見た目も美しくして楽しんでもらうのは当たり前の事。
視覚の美しさを学ぶなら絵画に学ぶ他はないと思う。
みんな料理本や有名店の料理の写真を見ていて、そういうところからアイディアを盗んでいるけど、料理を料理からしか参考にできないのなら、とても狭い世界だなと思う。
美しい絵画を参考にし、そのコンポジションから盗み、取り入れればいいのに。
芸術に興味がない料理人はそこまでで終わってしまうだろう。

僕は音も料理に生きるし、料理も音にとても良い影響を与えてくれる。
いいバランスだ。
2足、いやそれ以上の草蛙を履いていきたいと僕は思う。
子供達に楽しい教育がしたい。


ついに藤次郎 閃光 出刃包丁 165mmを購入した。
“藤次郎 閃光(せんこう) DPダマスカス鋼鍛造シリーズ
その切れ味は大空を一閃する「閃光」のように„


重くずっしりしている。かっこいい。。
閃光シリーズのこの柄の部分がまたたまらなくかっこいい。
シェフと同じ藤次郎の包丁が手に入りとても嬉しい。
今回は名入れをしてもらった。

早速強敵ノルウェーサーモンをさばいた。
力を入れずともするすると入っていった。気持ちが良い。
力を入れる場面では力が良いバランスで入ってくれる。
とても気に入った。

先日買った筋引響十(きょうと)牛刀TSUBAYA丸、TSUBAYAペティに加わり出刃閃光が仲間に加わった。
これで4人家族となった。しばらくはこれでいきたい。

火入れが苦手だから、メラかイフリートを覚えたい。

a0040371_234341.jpg
ラグナロク

a0040371_2342170.jpg
名刀柳平
[PR]
by free_ee_free | 2009-05-06 23:16 | diary
<< Music with DESP... small is beautiful >>



Junya Yanagidaira
by free_ee_free
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Links
フォロー中のブログ
+ blog +
苔むしたyukki blog
まごの手
つちのおと
カテゴリ
diary
music
live
cook
photo
review
others
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧