四月物語、undo、フィギュアスケート
a0040371_7144871.jpga0040371_7145490.jpg
岩井俊二監督の「四月物語」を観ました。
終わった瞬間に「終わりかよ」とおもわず言ってしまうぐらい、これから始まるって感じのところで終わってしまいましたが、柔らかく、少し笑える映画でした。
なかなか良い感じでした。

続いて「undo」を観ました。
怖くてドキドキする映画でした。
でも美しく、奇妙でとってもアートな意味不明な作品でした。
こちらも短かったしなかなか良かったです。
すっごく山口智子が綺麗でした〜。

続いてフィギュアスケートを観ました。
ショートプラグラムでは僕は安藤美姫に感動してしまいました。
戦場のメリークリスマスという選曲がとっても良かったからです。
よく考えればあの曲調と高い音でのピアノの音色、リズム、雰囲気は氷やフィギュアスケートにぴったりだと思います。
荒川さんの幻想即興曲なんて僕的には比じゃなかった。
元々僕は男には男にしかできないアート、女には女にしかできないアートがあると思っていて、ピアノに関しても男の演奏を目指しているような弾き方は好みではありません。
女の人しかできない綺麗で優しいものが好きなのです。
そういう点で荒川さんは僕の好みではありませんでした。
安藤美姫はあまり体が柔らかくないし、しなやかさにも欠けているかもしれないけど、どこか不安気で、一生懸命で独特な雰囲気に僕はやられました。
テクニックとか抜きに一番感動しました。

他の選手の時にテレビの音を音消しにして、戦場のメリークリスマスをかけて観てたら、以外と音に合わせるような瞬間がたくさんあっておもしろかったです。

フリーは全部観ました。
安藤の4回転挑戦も良かったし、荒川は最後まで興奮したし、村主は美しいと思いました。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第二番は僕も大好きな曲ですが、男子の時にも思ったけど、楽章の曲のつなぎをもうちょっとどうにかできないものかなぁと思います。
あのつなぎはおかしいです。
でも二楽章のストリングスのとこと、村主の滑りはとっても一体になっていて良かったし、感動しました。
コーエンがあそこまで点が高いのが納得いかないです。
スルツカヤはなんだか心が打たれました。
芸術の重みが違うし、笑顔が本当に綺麗です。

良いもんたくさん観たなぁ。良い夢をたくさん観ます。。。
[PR]
by free_ee_free | 2006-02-24 07:15
<< やっと gallery >>



Junya Yanagidaira
by free_ee_free
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Links
フォロー中のブログ
+ blog +
苔むしたyukki blog
まごの手
つちのおと
カテゴリ
diary
music
live
cook
photo
review
others
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧